なぜお酒の飲み過ぎで足がつるの?

お酒を飲む日が頻繁に続くと、足がつることってありませんか?

足がつると、凄く痛いですし怖い病気が潜んでいないのかと気になるので、その原因について調べてみました。

一般的には、お酒を飲んで足がつってしまう原因としては、ミネラルが尿と一緒に排出されてしまう事によるものです。

それはどういう事かと言うと、アルコールを摂取すると利尿作用が働いてしまい、摂取したアルコール以上の量の尿が排出されてしまうんです。

その結果、尿と一緒にミネラルが排出されてしまうために、体内がミネラル不足となり足がつってしまうという訳なんです。

対処法

足がつるのは、突然起こるし凄く痛いので、これを回避する方法としては、お酒を控えるのが一番でしょう。

それができれば苦労はしない・・・この一言に尽きますね^^;

自宅での晩酌を控える事はできても、仕事上のお付き合いでお酒を控える事は場の空気を壊す事にもなりえるので難しい時もあります。

では、お酒を飲まざるを得ない時にはどうしたらよいのかを考えてみました。

お酒の飲み過ぎで足がつる原因が、一時的にミネラル不足に陥ってしまう事ならば、同時にミネラルを補給すれば良いのではないかと。

そこで、ミネラルのサプリを探していたのですが、どうせなら肝臓の働きをサポートするサプリの方が良いのではないかと気づき、お酒の飲み過ぎ対策サプリを探す事にしました。

肝臓の働きをサポートする成分として、牡蠣やしじみが有名ですが自分が納得できるサプリを見つけたいと思います。

お試し価格の物や、初回購入が激安のものもあるので、あれこれ試してみても良さそう。

後は、自宅での晩酌を控えて健康診断を怖がらなくてもよい身体に代えていけたらと思っています。